So-net無料ブログ作成

いっこく堂 激やせは病気が原因ではなかった?見た目が若々しい事も話題に

腹話術師のいっこく堂(52)さんが、22日未明に東京都の自宅で意識を失い顔面を強打しました。

その後病院での診断の結果、外傷性くも膜下出血と診断されました。

原因は梅酒を2〜3㎝飲んで迷走神経反射という症状が起き、意識を失いフローリングの床に顔面から倒れたとの事です。

その後テレビの打ち合わせなどの仕事をこなしましたが吐き気が酷く、もう一度病院で診断を受けた結果、外傷性くも膜下出血と左目奥とほお骨を骨折している事がわかりました。

いっこく堂さんは手術こそ受ける予定は無いとの事ですが、水を飲もうとしても吐いてしまうような状態で、点滴を受けているとの事です。

いっこく堂さんは2014年にも病気の噂があり、その後激やせしたのも病気のせいではないかと言われていましたが、2014年にいっこく堂さんが患ったのは尿道結石であり、今回の逆走神経反射も病気の内容的にあまり痩せたのとは直接関連性は無さそうです。


スポンサードリンク





いっこく堂さんが激やせした直接の原因は病気ではない?


いっこく堂さんが激やせした理由として食生活の変化が考えられます。

2014年に患った尿道結石は生活習慣病で、原因は食生活の欧風化、肉などの動物性カルシウムの過剰な摂取が原因と言われており、もしかしたら尿道結石の入院の後、成人病予防の為に食事に気を使うようになり、今まで太っていたのが普通に戻ったのかもしれません。

激やせというより、激太りから普通に戻ったのかもしれませんね。

尿道結石は患うととてつもなく痛いらしく、いっこく堂さんももう二度となりたくないと思っている事でしょう。

今回患った迷走神経反射とは、ストレスなどが原因で自律神経のバランスが崩れ、血圧の低下から脳に血液が行き渡らなくなり、失神や痙攣などの症状が起こるとの事です。

いっこく堂さんは公演の際にとても緊張するタイプであると話しており、それが今回の迷走神経反射を引き起こしたのかもしれません。


スポンサードリンク





見た目が若々しいとの意見も


今回の緊急搬送の報道などによりいっこく堂さんの現在の情報に注目が集まりましたが、中でも年齢がとても52歳に見えないという人がとても多く、実際とても若々しい見た目で、年齢を知って意外に思っている方がとても多いようです。

今回の報道を見ていっこく堂さんの安否を心配される方が多く、それだけやはりいっこく堂さんのパフォーマンスに対して賞賛をしている人が多いということでしょう。

今回は命に別状は無さそうですが、病気になったら心配する人が大勢いるので、いっこく堂さんには健康に気を付けて頂き、今後も長く活躍して頂けるよう心より応援したいと思います。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。